ねこみみ情報サロン

南雲先生が教える超簡単なごぼう茶の作り方と効果

2018/11/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大人の女性のための『Woman's life』へのご訪問ありがとうございます。 YUCOと申します。 アラフォーからがますます魅力が開花するお年頃 いつまでも、いくつになってもステキな女性であるための あなたがあなたらしく人生を過ごすための応援サイトです。

テレビでもおなじみの乳房専門・ナグモクリニック院長の南雲吉則医師が
50歳を超えてもがんにならないための食生活のポイントを話していますのでご紹介します。

皮を捨てないで~!

がん予防に有効性が認められた食べ物は「新鮮な野菜と果物」で
特に、野菜や果物で最も重要な働きをしているのは「皮」とのこと

昔から皮に栄養があるとは言われていますが
どういった効果があるのでしょうか

皮には・・・
「抗酸化作用」→喫煙になどよる活性酸素の働きを抑え込む
「創傷治癒作用」→タバコやアルコールなどの刺激物が作り出す粘膜のキズを修復
「抗菌作用」→胃がんや肝がん、子宮頸がんを起こす菌やウイルスの感染症を阻止する
といったものがあります。

どれも放置すればがんに進展していく要素のあるものですが、
それを野菜や果物の皮の有効成分がブロックしてくれるのです。

一日一個のリンゴは医者いらず

これも昔から言われていることですね。

ミカンの皮は「陳皮」とよばれ、漢方薬の7割に含まれるほか、
七色唐辛子の主要成分としても利用される、
非常に優れたポリフェノール(植物成分)の一種

ブドウの皮に含まれるレスベラトロール、
トマトの皮に含まれるリコピンなど、
いずれもがんを予防する効果が科学的に証明されています。

ごぼうのすごさは便秘解消だけじゃない!
土の中で腐らないゴボウのポリフェノールは
最も強力な抗酸化作用と抗酸化作用を持ち
強力な抗菌作用を持っているためという

サポニンの抗菌作用

サポニンはごぼうに含まれるポリフェノールのことで
例えば、油汚れの食器に洗剤を垂らすと
一瞬で中和されていきます(ミセル化)

これが細菌という細胞にも起こる
どういうことかというと・・・
細菌は一つの細胞でできていて(単細胞?💧)
その周りの膜はコレステロールという油でコーティングされているそうです。
で、サポニンがそのコレステロールを中和し
分解して抗菌作用を発揮するということ。

つまりごぼうの効果には・・・

ダイエット効果(目がキラン☆彡)
血中コレステロールをミセル化・分解し動脈硬化を予防
がんなどの生活習慣病全般の予防に効果
アンチエイジング効果(さらに目がキラン☆彡)
慢性・アレルギー性の皮膚炎・気管支炎にも効果

とはいえ、毎回ごぼうを食べるのも大変
さらに調理をすればその分、塩分や油も摂ることになってしまいます

そこで南雲先生のオススメが「ごぼう茶」

調味料もいらず、ノンカフェインなので
老若男女、寝る前でもOKというごぼう茶は
スーパーでも売っていますが
天然乾燥で自分で作ってみるのもいいですね

ごぼう茶の作り方

◯用意するもの:ごぼう2本

◯作り方
1、ごぼうを水洗いし泥を取る
2,皮はむかないでピーラーなどでささがきにする
3,水に浸さず、ざるなどに広げて天日干し
夏で2時間程度、冬で3~4時間程度
4,干したごぼうを、油を引かずにfライパンで乾煎り(10~15分程度)
こげ茶色になってきたら完成
5,急須に乾燥ごぼうを入れて熱湯を注げば出来上がり

ごぼうのニオイが苦手という方意外は
ほのかなごぼうの香りがあって美味しくいただけると思います。

ちなみに我が家は、切り干し大根もしっかり乾燥させますが
そんな感じで作ります。

太陽の光を受けてビタミンも吸収していますし
なにより手作りの安心感ですね^^
売っているものとは歯ごたえも味も
比較にならないくらい美味しいですよ(*^_^*)

ぜひ、お試しください

ごぼう買いに行こ💨

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました

ランキングに参加しております。

よかったらクリックお願いします。

更新の励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
大人の女性のための『Woman's life』へのご訪問ありがとうございます。 YUCOと申します。 アラフォーからがますます魅力が開花するお年頃 いつまでも、いくつになってもステキな女性であるための あなたがあなたらしく人生を過ごすための応援サイトです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ねこみみ , 2018 All Rights Reserved.